「ストレスクリア」タグアーカイブ

やりたいことは既に見つかっている


やりたいことが見つからない理由は

やりたいことが見つからないのではなく、

見つかっているのに諦めているのです

もし失敗したら後がない

失敗を恐れて諦めてしまうのです。

やりたいことを諦めると、失敗するリスクがなくなるので安心できるはずです。

でも、

納得して諦めたはずなのに、またやりたいことを探しだし、興味を持って始めようすると、

失敗したら…

と諦めてしまいます。

もしかすると、

これはやりたいことじゃなかった

と、無意識に考えを書き換えているかも

しれません。

そして、ずっとやりたいことが見つからないと

モヤモヤした毎日を過ごすことになるのです。

どう転んでもやりたいことが見つからない…

そんな負のスパイラルから脱出する方法は

見つけたくない本当の理由に気づくこと

なんです。

恐れる理由を紐解いて気づくだけで解決するのです。

これまで、ブライダル司会やカラーセラピー、

コミュニティカフェの運営の勉強、

コーチングと色んなことに挑戦きましたが

これじゃなかった!

と、道半ばでやめてしまうことが多かった私は

理由に気づくことで、個人事業を進めることが

出来るようになりました。

やりたいことが見つからない理由

恐れてブレーキをかける本当の理由

を紐解いてみませんか?

ブレーキをかけなくなると、どんな未来が待っていると思いますか?


たった2つの質問で本当の理由を紐解くメソッド

ストレスクリア®︎についてはこちら

個別カウンセリングはこちら

構って欲しいからの人見知り


幼稚園の頃までは、周りのことなんて気にせずに

自由奔放に駆けずり回っていた、

いわゆるおてんば娘でした。

しかし、

小学生になって急に自分から人と関わることが

できなくなりました。

その理由は

否定的ダブルバインドに陥ったから


構って欲しい気持ちが人一倍強かった私は、

見て~!

聞いて~!!

とにかく、アピールしていました。

長男長女だと、下に兄弟が出来ると親や周りの

注目を浴びるためにやりがちなのかな?

(と、姪っ子を見ていて思いました。)

小学生になって間もない頃、ほとんど話さない

非常に大人しい子がクラスメイトの注目を一身に

浴びている様子を見て

話さなければ構ってもらえるんだ!

と、ひらめき実践しました。

でも誰も構ってくれない…

アピールしてもダメだし、黙っていてもダメ

どうすればいいの?

と分からなくてなってしまい、結果、自分から

人と関わることが出来なくなったのです。

そして、

私の悪口を言っている

の様に周りに対して常に警戒心を持つ様になり

被害妄想で常に周りに怯えて過ごすこととなりました。

ダブルバインドとは、ある人が、メッセージと

メタメッセージが矛盾するコミュニケーションに

おかれること。(ウィキペディアより)

例えば、

親が子供に「おいで」と(言語的に)言っておき

ながら、いざ子供が近寄ってくると逆にどんと

突き飛ばしてしまう。呼ばれてそれを無視すると

怒られ、近寄っていっても拒絶される。

子は次第にその矛盾から逃げられなくなり疑心暗鬼

となり、家庭外に出てもそのような世界であると

認識し別の他人に対しても同じように接してしまう

ようになる様な状況のことです。

ストレスクリア®︎を学ぶことで、ダブルバインドに

陥っていたことに気づき、何気ない行動が長年

付き合うことになる悩みに繋がっていることを

痛感しました。

長年の悩みの原因やその悩みをエネルギーに変えて望む未来を創造する仕組みとスキルを習得するストレスクリア®︎についてはこちら

体験セッションについてはこちら

オタクだから社会貢献できる

オタクでも日本の観光に貢献したい!

オタクの仲間に自身の知識で人に貢献できる

ことを伝えたい!!

その様な姿勢に心が揺さぶられた一冊です。

モラルを守ってひっそりと趣味を楽しんでいても

撮り鉄は、モラルを守らない人が多くなってきた

乗り鉄は、騒ぐ輩と思われる

鉄道ファンは変な輩やと思われる

そんなことを感じて、鉄道ファンであることをひた隠している鉄道ファン仲間にもどかしさを感じたこと

最近、自分の鉄道ファンとしての居場所がない気が…

という鉄道ファンのつぶやきから

オタクでも日本の観光に貢献したい!

と奮起して、英語を殆ど話せない筆者が

ツアーガイドに挑戦した道のりや、自分の趣味や

知識を活かしてインバウンドのツアーガイドとして

活動する方法が書かれた本です。

鉄道に限らず、

周囲の目を気にして好きなことや趣味を

ひた隠ししている人

大した経験も知識がないと

自分に自信が持てないことで社会と繋がる術を

見出せずに不完全燃焼な人生を過ごしている人

は多いのではないかと思います。

オタクや悪知恵(自分ならではの発想のことを

私は悪知恵と呼んでいます)で人に役立つ実感が

持てるキッカケや活躍の場を提供したいと思っている

自分の価値観と通ずるものを感じて惹かれたのでは

ないかと思います。

筆者は

「今まで、趣味でお金を浪費するだけだった鉄道の知識を使って、稼いだことに価値がある」

と鉄道ファン仲間から言われたそうです。

人にはとても言えない…と思っているあなたの

趣味や知識も、きっと誰かが必要としているかけがえのないものに違いありませんよ!

インナーピースを育み望む未来を引き寄せる

インナーピースを育てることが大切

周囲がどれだけ怒りや不満、不安であっても

自分の心の中は穏やかであることで、周囲の負のエネルギーに巻き込まれないことで

良いパフォーマンスが、やりたいことが

できるからです。

周りに気を遣い過ぎて

あの人怒ってるのかな?もしかして嫌われてる?

無駄に空気を読むことで、やるべきことに

集中出来ないことや、やりたいことを我慢する

ことないですか?そんなの勿体ないですよね。

でも、気づけば空気を読んでいるんですよね・・・


大坂なおみ選手のインタビューから話題になった

インナーピースとは、

心の平穏

という意味で、周囲がどれだけ怒りや不満、不安で

あっても自分の心の中は穏やかであることで、周囲の

心に生じる嵐を抑えて、小波すら立たない無風状態に

負のエネルギーに巻き込まれないこと

なることで、目の前のプレーに集中して本来の実力を

発揮できる、迷いや不安がなく最高の心理状態のこと

だそうです。

インナーピースが育まれると、自分のの軸に

沿って、例え周りにどう思われようとも

やりたいことに没頭できるのです。

そして

自分が望む未来、理想の生き方、働き方を

引き寄せることができるのです。

インナーピースの状態に入って、最高のパフォーマンスを発揮する方法がこちらのサイトにあったので、よかったら参考なさって下さい。

以前の私を含め、カウンセリングをしていると

周りを気にし過ぎて、無意識に自分の

やりたいことにフタをしている人が多い様に

感じます。

やりたいことは何?と考えるよりも、

インナーピースを育て、やりたいことを

引き寄せませんか?

インナーピースを育てるメソッド

ストレスクリア®︎についてはこちら

個別カウンセリングはこちら

誰かに勝とうとしない

誰かに勝とうとするのではなく、

何のために働くかを思い出してみる

あの人に負けたくない!

他社に負けない為に…

こんな考えで仕事をすることで本来の目的を

見失ってしまうことないですか?

下手すると、相手の弱点や間違いを粗探したり

相手を打ち負かそうとすることで卑屈になり

大抵は上手くいかないのではないでしょうか?

先日引退を表明されたイチローさんは

首位打者になること、誰かに勝つことではなく

今の打席でバットにボールを当てることに

集中していたそうです。

フィギュアスケートの皇帝の呼ばれていた

プルシェンコさんは、ある選手に勝って

メダルを手にすることを意識してしまった

ことで納得出来る結果を残せなかった後悔

から、羽生選手に

誰かに勝とうとするのではなく、何のために

滑るのかを考えて臨むべきとテレビで

メッセージを送っていました。

学生の就職支援をしていると、

他の人に差をつけるには

と言って企業の情報を隈なくチェックして

アピールする人が結構います。

(こちらから見ると、上から目線で企業を評価

している様にしか見えないのですが…)

また、

このレベルの大学を出るなら、それなりの

大手にら入らないと!

という方も結構います。

どちらも

自分が何のために働くのかではなく、

周りを気にして目的を見失っているのです。

これだと、働くうちに違和感を感じて

やりたいことが分からない

と、もどかしさを感じることになります。

そして、転職したとしても、新天地でも

周りを気にしてしまうことで

やはり長続きせず、ずっとモヤモヤした社会人

人生を歩むことになる可能性が高いです。

たった一度の人生、勝手に人と競うことで

目的を見失って楽しめないなんて

もったいないと思いませんか?

人と比較せずに、自分は何の為に働くのか

を考え、後悔しないキャリアを歩みませんか?

これがやりたいことを見つけたり

自分らしい生き方を実現する近道

なのです。

周囲の目を気にせずにはいられない方にオススメ

気にする理由に気づくだけで、気にならなくなり

思いのままに動けるメソッド

ストレスクリア®︎はこちら

カウンセリングはこちら

まずは始めてみる

人生もビジネスも

「リスクを取ってリターンを取りに行く

作業」

の繰り返しで、リスクもリターンも過大評価

していては、人生も仕事もろくなことには

なりません。めったに起こらない幸運を

待ちわびるのも、めったに起こらない不運を

おそれるのも今日からやめてみる。

それだけで人生やビジネスの可能性がぐっと

広がる気がする。

宝くじで1億円当たった人の末路の一節です。

その一例として

ロボット掃除機が仏壇のろうそくを倒して
火災になるリスクを重視した為に

日系のメーカーがロボット掃除機を開発せず

ルンバに先を越されたというお話が紹介

されていました。

やりたいことがあっても、

経験や知識がないことから

上手くできなかったらどうしょう

こんな事態になったらどうしょう

被害妄想が膨らんで行動に移せないことないですか?

以前の私がそうでした。

100%の状態にならないと始めるのが怖い

そんな思い込みがあったのです。

でも、

100%の状態なんてなく、

何かが出来るようになっても、また新たな

被害妄想をし始めて、結局行動に移せないのです。

タチが悪いのは、できないなら諦めればいい

ものの、諦められない自分がいて、ずっと

心の中でくすぶっているのです。

人生楽しむことが出来ていないな~

損してるよね…

と、思います。

身の回りに経験や知識をがなくても行動に

移して活躍されている方いませんか?

以前の私はその様な方を何人も見て羨ましく、

指をくわえて見てました。

好きなことを仕事に

自分らしい生き方を実現するためには

経験や知識よりも動くことが大切なんです。

とは言っても、やりたいことなんてないし…

これは、もしかすると

無意識が被害妄想することで

やりたい、でも…という気持ちすら隠して

しまっているかもしれません。

やりたいことが見つからない

実は、見つからないのではなく被害妄想から

見つけない様にしているのです。

やりたいことを見つけたい理由

やりたいことを見つけたくない理由

は同じで、それに気づけば自然と行動できる

様になるのです。

心の奥にしまっている理由を紐解いて

起こるか起こらないか分からない被害妄想で

もどかしい毎日を過ごすことから卒業しませんか?

心の奥に眠る理由を紐解き

それだけで行動出来るようになるメソッド

ストレスクリア®︎についてはこちら

カウンセリングはこちら

役割で仕事をする


スキルで仕事をするのではなく

役割で仕事をする

スキルを活かすこともありますが

それ以上に!私たちは何らかの役割を担っていて

スキル以上に役割が評価されているのです。

自分よりも仕事ができないのにあの人の方が

評価されることにモヤモヤしたことないですか?

一方で

スキルがあっても頼みづらい方より、

スキルがソコソコでも忙しいのを察知して

進んでお手伝いしてくれる方の方が

ありがたく、一緒に働きたいと思いませんか?

世渡り上手な方はスキル以上に役割を担う力に

長けているのです。

世の中で通用する人材になりたいから資格を

取らなくては!!

とおっしゃる方が多いですが、それよりも

自身はどの様な役割が得意なのか、好きなのかを

知る方が世の中で通用する人材になること、

好きなことを仕事にすることの近道になるのです。

あなたはどんな役割を担いたいですか?

集団の中にいる時、どんな立ち位置にいることが

多いですか?

どんな立ち位置が好きですか?






フランク・シナトラ My way


小学生の時に実家にあった置き時計のメロディーに心を揺さぶられたことがあります。

その曲の名前は2~3年後、アーティストや歌詞は四半世紀後に知ることとなますが、まさかこの曲が私の生き方に繋がるなんて思ってもいませんでした。その曲は…

MY WAY

全く英語を知らない時に英語の洋楽に心揺さぶられるとは!!そして、アラフォーになって歌詞を調べてみると…

To think I did all that
人生を振り返ってみて思うことは


And may I say – not in a shy way
胸を張って言ってもいいかい?

Oh no, oh no, not me
あぁ、そうさ


I did it my way

私は自分の道を歩んできた

I planned each charted course
航路図に記された通りに進む計画を立て

Each careful step along the byway
未知の航路も慎重に進んだ

And more, much more than this
そして、それ以上に

I did it my way
私は自分の道を歩んできた

Yes
, there were times, I’m sure you knew
そうさ、時間があったことを知ってるだろう
When I bit off more than I could chew
出来そうにないことにも挑戦した

But through it all, when there was doubt
自信がないことにも果敢に挑み

I ate it up and spit it out
飲み込み、そして吐き出した

I faced it all and I stood tall
全てに対峙し自信をつけた


自分らしい生き方を実現したい人の

心の奥底にフタした情熱と自信を取り戻して

前向きに行動できる様にナビゲートしたい

そして

常識や世の中の型に捉われず生き生きと

活躍できるキッカケや場を提供したい


そんな私のビジョンに繋がっている!?

これも幼い頃の私が無意識に偶然を設計した

のかもしれないと思いました。







天職とは


天職が見つかれば生き残れます。

なぜなら、

天職とは、他人に止められたり批判されても

やりたいと感じる仕事のことで

どんな状況でもやり抜けるからです。


でも、そのぴったりな仕事がなくなったら、

どうしましょう?

天職とは

自分にぴったりな職業

と以前は思っていましたが、

特定の職業(モノ)ではなく、

自分が仕事を通して実現したいコトを

ではないかと思います。

実務経験ある社会人でも中々持っている方を

見かけない様な難しい資格を持っている学生に

遊ぶ時間を惜しんで取得に励んだ理由を聞くと

生き残るため

と、仰いました。

でも、その専門性高いお仕事もAIに変わる

ことがあるかもしれず、せっかくの努力が

水の泡になるととても悲しいですよね。

生き残るためなら、条件や職種をた厭わず

何でもすると思うのですが、

生き残る手段としてこの資格を取得しようと

思った本当の動機はきっとあります。

資格を活かした仕事に就いて実現したいこと

は何か…

ここに生き残る、自分らしく生きるヒントが

きっとあります。

職業・職種ではなく、仕事という手段を通して

実現したいことを考えてみませんか?