誰かに勝とうとしない

誰かに勝とうとするのではなく、

何のために働くかを思い出してみる

あの人に負けたくない!

他社に負けない為に…

こんな考えで仕事をすることで本来の目的を

見失ってしまうことないですか?

下手すると、相手の弱点や間違いを粗探したり

相手を打ち負かそうとすることで卑屈になり

大抵は上手くいかないのではないでしょうか?

先日引退を表明されたイチローさんは

首位打者になること、誰かに勝つことではなく

今の打席でバットにボールを当てることに

集中していたそうです。

フィギュアスケートの皇帝の呼ばれていた

プルシェンコさんは、ある選手に勝って

メダルを手にすることを意識してしまった

ことで納得出来る結果を残せなかった後悔

から、羽生選手に

誰かに勝とうとするのではなく、何のために

滑るのかを考えて臨むべきとテレビで

メッセージを送っていました。

学生の就職支援をしていると、

他の人に差をつけるには

と言って企業の情報を隈なくチェックして

アピールする人が結構います。

(こちらから見ると、上から目線で企業を評価

している様にしか見えないのですが…)

また、

このレベルの大学を出るなら、それなりの

大手にら入らないと!

という方も結構います。

どちらも

自分が何のために働くのかではなく、

周りを気にして目的を見失っているのです。

これだと、働くうちに違和感を感じて

やりたいことが分からない

と、もどかしさを感じることになります。

そして、転職したとしても、新天地でも

周りを気にしてしまうことで

やはり長続きせず、ずっとモヤモヤした社会人

人生を歩むことになる可能性が高いです。

たった一度の人生、勝手に人と競うことで

目的を見失って楽しめないなんて

もったいないと思いませんか?

人と比較せずに、自分は何の為に働くのか

を考え、後悔しないキャリアを歩みませんか?

これがやりたいことを見つけたり

自分らしい生き方を実現する近道

なのです。

周囲の目を気にせずにはいられない方にオススメ

気にする理由に気づくだけで、気にならなくなり

思いのままに動けるメソッド

ストレスクリア®︎はこちら

カウンセリングはこちら

コメントを残す